パッシブデザイン

 東日本大震災以降、もう一つ注目されているものが

 あります。

 それは、「パッシブデザイン」です。

 

 建築業界では、

 「パッシブエネルギー」「パッシブデザイン」などとして

 すでに取り入れられています。

 

 「パッシブエネルギー」とは、太陽の熱や光、

 雨や風など自然界に存在するエネルギーのこと。

 

 「パッシブデザイン」とは、

 パッシブエネルギーを最大限に利用するための

 建築デザインのことです。

 

 環境に配慮することで知られるドイツを始め、

 ヨーロッパでは、すでに普及が進んでいます。

 

 気温がマイナス20度になる地域でも暖房なしで

 過ごせるので、スマートハウスと組み合わせれば

 「鬼に金棒」というところでしょうか。

 

 家の中が最低限の電力で暖かく過ごせ、

 体にも優しそうです。

 

 四季や時間の変化を楽しみつつ、環境に配慮

 できる家。

 

 寒暖の差が大きい日本では難しいこともあるでしょうが、

 省エネ社会をつくるために、もはや避けては通れない

 課題になっているようです。

 

Contact
ページ上部へ