火災保険の水災補償

 火災保険の「水災補償」は、台風・暴風雨・豪雨などの

 水害が原因で建物や家財に損害を受けた場合の

 補償のことです。

 

 一般的な支払要件は、

 ⚫再調達価額の30%以上の損害を受けた場合

 ⚫床上浸水または地盤面(家の基礎の最も低い部分)

  から45cmを超えて浸水した場合です。

  ※再調達価額とは、保険の目的(建物・家財)と同等のものを

   新しく新築したり、購入したりする際に必要となる金額

 

 津波・豪雨による土砂崩れも水に関わる自然災害ですが、

 地震が原因で起こる津波や土砂崩れの損害は

 「地震保険」の対象となります。

 

 水災補償を付けておいた方が良いかを判断するのに

 「ハザードマップ」が有効的です。

 

 なお、台風の直前になって火災保険の新規加入や

 水災の補償追加をしようとしても、保険会社が

 引受規制を行う場合があります。

 既に引受規制の期間内に入っていれば、

 規制が解除するまでは新規加入・補償追加は

 できません。

 

 台風シーズン前に火災保険の見直しは

 しておいた方が良さそうです。

Contact
ページ上部へ