銘木店の店仕舞

昨日に引き続き、寒い朝。

 

寒い冬だから朝一番から平江町現場の

駐車場コンクリートを打ち込みました。

 

玄関周りアプローチの土間コンクリートも

同時施工しています。

 

日中は天気も良く、気温もある程度上がったので

コンクリートは良く乾いたみたいです。

 

建築士会の理事会は昼食を食べながら。

 

建設業界の不況により、都城の建築士会の

会員も今期だけでも298名から280名弱まで

減少しています。

 

午後からは今月末から着工する蓑原町現場の

お施主様と銘木店「日本木彫」に床柱を見に行きました。

 

昨年の9月には営業マン、工場作業者を全員解雇。

今は、かつての社員をパートに採用して

数名だけで営業されています。

大きな倉庫には、なんと7千万円程度の

銘木の在庫があります。

 

それが、あと2ヶ月くらいで閉店とのこと。

 

宣伝はしていませんが、

全てが半額以下の、セール中!!!!

 

近いうちに、家を建てるつもりの人は

是非一度は来て、見たほうがよいと思います。

 

130万円のカウンター用原盤や

屋久杉で作った70万円の机。

30万、40万円の床柱等など。

 

もちろん1、2万円くらいの床柱もありました。

 

こんな寒い日には、霧島がキレイにみえます。

山之口町からの。

イネコヅミ(稲小積み)は最近珍しいですね。

 

これは、谷頭の森田地区。

送電線が遠くまで続いています。

 

以前も撮った場所。

山田町から夏尾町への途中。

 

高原町の現場も内部の大工工事は支障が

ありませんが、夕方4時過ぎからの屋外作業はつらいです。

 

4時過ぎには床貼りの作業を進めています。

 

 

2009年1月13日

Contact
ページ上部へ