住宅性能のご紹介

住宅性能のご紹介

 

省エネ住宅

省エネルギー住宅のご提案

断熱材

断熱材

断熱材は環境に優しい自然素材の「セルローズファイバー」を採用しています。
古紙をリサイクルした断熱材のセルローズファイバーは、優れた断熱性だけでなく、高い密度により外部の騒音や室内の音源から大切な空間を遮音したり、自然素材の特性である吸湿と放湿性により室内を快適な環境にします。

サッシ

サッシ

サッシは断熱性に優れ、省エネとシックハウス対策に有効な「樹脂複合サッシ」を採用しています。一般的であるアルミサッシは熱伝導率が高く、断熱にはあまり適していません。一方、プラスチックの熱伝導率はアルミの1250分の1。大きな問題である省エネを考えると、これからのサッシは、樹脂か木製に変わると言うのが環境先進国の常識です。

また、シックハウスの原因である結露の点においてもアルミサッシは問題となりますので、エヴァホームでは樹脂複合サッシを採用しています。

遮熱(しゃねつ)

遮熱(しゃねつ)

南九州の厳しい夏の暑さ対策には、遮熱仕様にすることが重要です。セルローズファイバーは優れた断熱材ですが、南九州の夏の暑さには、「躯体掃気+遮熱仕様」がより快適な暮らしを可能にします。

熱の伝わる仕組みを見直すと、輻射により感じる夏の暑さはかなり大きな比率となります。 エヴァホームの家を実際に測定した際は、躯体掃気+遮熱シートにより小屋裏の温度は、外気より低く、室温とほぼ同じ程度であることを確認しています。

24時間換気システム

24時間換気システム

エヴァホームでは、オプション対応として「澄家(すみか)」という地中熱を利用した24時間換気システムを施工させていただいております。澄家の特徴は、床下に配置された機械で吸気と排気を行い、熱や水蒸気を交換することによって換気による冷暖房費のエネルギー損失を少なくするため、省エネルギーで快適な暮らしを実現します。

また、自然エネルギーの輻射熱を利用することで、寒くない低めの室温で暮らすことができます。これは、冬場の乾燥問題も解決してくれるというメリットがあります。

 

床下暖房

床下暖房とは

現在、エヴァホームのお勧めする暖房システムは、1階部が25坪程度の床下に一般的なエアコン(10畳用程度)を設置する「床下エアコンシステム」です。現在の冷暖房システムは主に室内の空気を冷暖房しますが、これは、天井面・壁面・床面の輻射熱が考慮されていません。特に、暖房時に室温が22℃あっても天井面・壁面・床面の温度が10℃と低い場合は冷輻射を感じて肌寒く感じてしまいます。この場合、人の感じる体感温度は16℃程度になります。

エヴァホームのお勧めする方法は、床下空間を暖める「床下暖房」で、輻射熱を利用して室温より0.5~1℃前後高い床面の温度にすることで快適な温熱環境を作り出すことが出来ます。たとえば、室温が19℃の場合に、天井面・壁面・床面の温度が20℃の場合の体感温度は19.5℃程度になり室温が低くても人間は暖かく快適に感じるのです。

南九州の床暖房

南九州の床暖房

エヴァホームは、この20年ほど都城、宮崎で床下暖房を提供していますが、これだけで十分と言われるお客様もいらっしゃいます。また寒い朝の間だけエアコンを補助暖房として使われるという方もいらっしゃいます。

ほとんどのご家庭で皆さん言われるのが、床下暖房の「快適さ」です。これまで体験したことのない家全体の穏やかな温熱環境に満足されていらっしゃいます。しかし、設置しながらもほとんど使われない家があることも事実です。

南九州においては基本的な家の性能が良いと、特別な暖房機器が無くとも通常のエアコン程度で冬場における適当な温熱環境が実現できるという意見が一般的です。しかしながら、さらに冬場に24時間の快適さを求める方なら床下暖房を設置されるのがお勧めだと考えます。

床下空間を温める仕組み

床下空間を暖めるには、基本的に住宅の躯体が高断熱・高気密であり基礎は基礎断熱でなければなりません。さらに床下を暖める暖房方式は、「①床下に暖かい空気を入れる」、「②床に暖房機を置く」の2つのタイプがあります。エヴァホームでは、「②床に暖房機を置く」を採用し、さらに地中熱を利用する仕組みに取り組んでいます。

 

長期優良住宅

全棟・長期優良住宅!

全棟・長期優良住宅!

エヴァホームは、全ての住宅を長期優良住宅に対応しています。長期優良住宅とは、長期にわたり良好な状態で使用するために、大きく分けて以下のような措置が講じられている住宅を指します。

  1. 長期に使用するための構造及び設備を有していること
  2. 居住環境等への配慮を行っていること
  3. 一定面積以上の住戸面積を有していること
  4. 維持保全の期間、方法を定めていること

上記の全てに措置を講じ、所管行政庁(都道府県、市または区)に認定申請を行うことで、長期優良住宅としての認定を受けることが可能です。特に①に関しては、住宅性能表示制度の基準が定められているため、しっかりした設計、施工が重要になってきます。

Contact
ページ上部へ